このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

フロン排出抑制法

更新日:2016年10月27日

「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(略称 フロン回収・破壊法)」が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(略称 フロン排出抑制法)」と名称を改め、平成27年4月1日(水曜日)から施行されました。

フロン類とは

フロン類は、地球温暖化への単位当たりの影響(地球温暖化係数)が二酸化炭素の数百倍から一万倍超という強力な温室効果ガスです。このため、オゾン層の保護だけでなく、地球温暖化を防ぐために、フロンを使用しない製品の利用やフロンを廃棄する際に適切に処理するなど、フロンの空気中への排出抑制・削減に取り組む必要があります。
フロンは、フルオロカーボンの総称で、CFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)などの種類があります。
燃えにくく、化学的に安定であるなどの利点から、エアコンや冷蔵庫などの冷媒、半導体や精密部品の洗浄剤など、幅広い用途に活用されてきました。しかし、地球温暖化の原因となるため、HFCは「京都議定書」による排出抑制物質とされており、CFCとHCFCはオゾン層破壊物質でもあることから「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」による生産規制がされています。

法律改正の背景

  • オゾン層破壊効果を持つフロン類が着実に削減されている一方、高い温室効果を持つフロン類等の排出量が急増しており、10年後には現在の2倍以上となる見通し。
  • 現行のフロン回収・破壊法によるフロン廃棄時の回収率が約3割で推移していることに加えて、機器使用時の漏えいも判明。
  • 国際的にも規制強化の動きが活発化。

フロン排出抑制法の概要

改正の背景を踏まえ、、フロン類対策を一層促進していくため、フロン類の製造から廃棄までのライフサイクル全体を見据えた包括的な対策が規定されました。

  1. フロン類製造輸入業者 フロン類の転換、再生利用等により、新規製造輸入量を計画的に削減
  2. フロン類使用製品(冷凍空調機器等)製造輸入業者 製品ごとに目標年度までにノンフロン・低GWP製品へ転換
  3. 冷凍空調機器ユーザー(流通業界等) 定期点検によるフロン類の漏えい防止、漏えい量の年次報告・公表
  4. フロン類充填業者 登録業者による充填(次回更新までは「第一種フロン類回収業者」を「第一種フロン類充填回収業者」とみなす。)
  5. フロン類の処理業者 許可業者による再生、再生/破壊証明書の交付等

業務用エアコン・冷凍空調機器管理者の義務等

業務用のエアコン・冷凍空調機器の管理者(所有者など)には、機器及びフロン類の適切な管理が義務付けられ、義務に違反した場合には、罰則があります。

管理者の義務

  • 機器の設置に関する義務
  • 機器の使用に関する義務
  • 機器の廃棄等に関する義務

罰則

  • フロン類をみだりに放出