このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の 公開制作ハイブリッドアートラボ2プロセス のページです。
本文ここから

公開制作ハイブリッドアートラボ2プロセス

更新日:2012年10月13日

公開制作「ハイブリッドアートラボ2(ツー) アニメーションがつくる様々なアート」の様子をご紹介します。

搬入を終えた公開制作室。二つのモニターで、青木純さんとやまざきさんの過去の作品をループ上映します。

7月14日(土曜日)

初日、作家の青木さんとやまざきさんが作業しました。午後2時から公開制作室内でボランティア説明会。8月下旬から制作アシスタントとして活動が本格化する予定です。青木さんはイメージスケッチを描いたり、やまざきさんはアニメーションの原画を壁に貼りました。

7月16日(月曜日・祝日)

青木さんが、大き目の画用紙に色鉛筆や水性カラーペンを使って、人物や動物などイメージスケッチを描き、壁に()めていきます。終わり頃には、小さいキャンバスにアクリル絵の具で彩色(さいしょく)しました。

7月29日(日曜日)

作品の構想をねって、壁にイメージを描いたスケッチが増えていきます。どのような作品ができるか想像が広がります。

7月31日(火曜日)

青木さんは一人でコツコツとスケッチの作業を重ねていきます。さまざまなキャラクターのイメージが浮かびます。

8月5日(日曜日)

やまざきさんの作業も進んでいます。プロデューサーの岡田智博さんと今後の進め方について打合せしました。

8月19日(日曜日)・24日(金曜日)

作家が制作しているときは、ガラス戸を開放してお客さんが中も見られるようにしています。質問される方もいます。

8月26日(日曜日)

いよいよ青木さんの構想がまとまってきました。アニメーションにする具体的なストーリー展開を、紙に書き出していきます。

8月30日(木曜日)

やまざきさんの手描きによる原画制作が進みます。二人乗りの自転車を描いています。写真をもとにしていますが、二人目は想像によるそうです。制作アシスタントのボランティアもいっしょです。

8月31日(金曜日)

やまざきさんの制作が続きます。鉛筆で引いた輪郭を埋めるように、水彩絵の具を塗っていきます。少しずつ動くようにずれた絵がたくさん描かれました。

9月12日(水曜日)

後期がスタートしました。新たにアニメーション作家の加藤(りゅう)さんが加わりました。まずインクと筆でイメージスケッチを描きます。青木さんは、構想がまとまり、絵コンテもできたので、原画の制作に入ります。

9月14日(金曜日)

アニメーションの元となる原画の制作が進みます。青木さんが基準となる原画を描き、助手・ボランティアの(かた)が、分担して数多くの動画を描いていきます。人手がたくさんあることで進行がぐっと速くなります。

9月16日(日曜日)

落合陽一さんが制作に初参加しました。落合さんは、木切れ(きぎれ)紙管(しかん)を使って音を出したりしています。青木さんは、アシスタントと一緒に原画の制作を進めました。ししやまざきさんも、着彩(ちゃくさい)した原画が増えてきました。

9月17日(月曜日・祝日)

ししやまざきさん講師のワークショップ「デジカメで手描き(てがき)アニメをつくろう」を開催しました。自分の身体の動きをデジカメで撮影し、コピー出力したものをトレースして原画を描き、つなげて作品「ゆらゆら」が完成しました。

9月21日(金曜日)

青木純さんと助手の方の制作があり、作業が続きました。青木さんが原画を描き、複数のスタッフでそれを何枚もの動画に仕上げていきます。

9月23日(日曜日)

講座室で講演会「アニメーション=ハイブリッドアートの(すい)」を開催しました。伊藤裕美(ひろみ)さんと青木基晃(もとあき)さんから、世界や日本のアニメーションの動向、新しいクリエーターの活躍について報告を聴きました。また終了後には、5人の全作家でガイドボランティアのための説明会も開きました。

9月27日(木曜日)・28日(金曜日)

青木純さんとししやまざきさんの制作が行われました。二人の制作も佳境に入ってきているようです。アシスタントのボランティアが強力な後押しとなっています。

9月29日(土曜日)・30日(日曜日)

青木純さんの動画制作とスキャニングもかなり進んできました。日曜日には、岡田憲一さん、落合陽一さん、ししやまざきさんも一緒に作業を行い、公開制作室はにぎわいを見せています。

10月3日(水曜日)

加藤(りゅう)さんの一人での原画制作が進みます。水彩絵の具で、筆のタッチを活かしながら描いていきます。

10月5日(金曜日)

青木純さんの制作が追い込みに入ってきました。アシスタントの協力により、大量の動画が完成し、スキャンもどんどん進んでいます。

ハイブリッドアートラボ2公開制作プロセスの続き

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.