このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 公開制作
  4. 公開制作関連情報
  5. 淺井裕介公開制作プロセス


サイトメニューここまで
本文ここから

淺井裕介公開制作プロセス

更新日:2021年11月29日

公開制作82 淺井裕介「種を食べた美術館」(2021年7月24日から11月28日)の制作プロセスをご紹介します。

7月23日(金曜日)

公開制作が始まる前日、淺井さんの搬入を行いました。12mmと18mmの厚手の合板、水色のスタイロフォーム(断熱材)を、たくさん持ち込みました。ジグソーを使って曲線で切り抜き、ビスや接着剤を使って貼り合わせ、それらを組み合わせて立体を作り始めました。公開制作を開始する準備が整いました。

7月24日(土曜日)

公開制作初日です。カットしたスタイロフォームを貼り合わせ、重ねて立体的にしていきます。接着剤で固定したあとに、カッターで角を削り落とし、形を滑らかにします。動物の頭部が形をあらわしてきました。

7月25日(日曜日)

部屋の中央に伸びる動物の頭部とともに、四足の動物も形を整えていきます。カッターのほかにも、熱線を利用したスチロールカッターも用います。動物の顔の表情もはっきりとあらわれてきました。

7月30日(金曜日)

水色をしたスタイロフォームで作った動物を、白い塗料で塗りました。塗料には、ジェッソや土が混ぜられています。さらにその上に、茶色いテラコッタ粘土で肉付けします。粘土が乾いてはがれないよう、楊枝を打ち込んで固定します。

7月31日(土曜日)

テラコッタ粘土での成形とともに、粘土を水で溶いて彩色していきます。残ったスタイロフォームで、鳥の形を作ったりしました。また、床面にマスキングテープで植物のような文様を描いたりしました。

8月1日(日曜日)

土をジェルメディウムと水で溶いて絵具を作り、筆で色をつけていきます。黄土色、赤茶色、こげ茶のようなさまざまな色味が生まれ、動物に生命を与えていきます。

8月11日(水曜日)

色付けされた動物たちの調整をします。中央の大きな獣からマスキングテープを伸ばしていきます。ガラス面で止まらずに、模様を描きながらロビーにも広がってきました。

9月19日(日曜日)

制作予定日ではありませんでしたが、1か月ぶりに制作。鑑賞者が中に入って見られるよう、室内に空間を作り、マスキングテープの調整などをしました。2階で始まった企画展「動物の絵 日本とヨーロッパ」を訪れた方が立ち寄る姿も見られました。

10月2日(土曜日)

さまざまな色をした自然の土に水とレジンを練り合わせ、オリジナルの絵の具を作り、筆を使って動物に色づけしていきます。色味が深く、バリエーションを生み出しているようです。

10月3日(日曜日)

立体の裏側に粘土で小さな動物を作ったり、壁に描いたりします。地元にある土を使って絵具を作るために、美術館のまわりで採取し、新聞紙に広げて乾燥させました。

10月5日(火曜日)

エントランスランスロビーの太い柱に、マスキングテープを貼り、ペンで描いていく「マスキングプラント」を制作しました。動物の立体の表面に、土の絵の具で、細部の描き込みを進めていきます。

10月6日(水曜日)

動物たちの表面への描き込みを続けます。筆を加えることによって作品が引き締まり、一つひとつの作品の完成度が高まってくるのがわかります。

10月18日(月曜日)

公開制作室と府中第十小学校の教室をオンラインで結び、6年生を対象とした授業を行いました。浅井さんの説明を聞いて、子どもたちが「マスキングプラント」を学校で作ります。授業のあとには、作品制作も続けました。

10月19日(火曜日)

細部の作り込みが続きます。立体の上、床や壁にも、小さな動物たちが増えていきます。完成が近づいて来ているようです。

11月5日(金曜日)

完成をめざして全体に手が加えられます。途中、四足の動物をロビーに出したりしました。床の板にも模様を描きます。

11月6日(土曜日)

作品の描き込みや作り込みを行い、ほぼ作品が完成しました。道具や材料は片付け、作品の位置を整えて展示をしました。マスキングテープによる作品も広がっています。

11月13日(土曜日)

ワークショップ「黄金色の日常」を行いました。カメラも携帯も持たずに、美術館の周辺をゆっくりと散歩して、秋のひとときを作家と楽しみました。公開制作室では、普及員によるガイドが行われ、たくさんの観客が訪れました。

11月14日(日曜日)

講座室にてアーティストトークを行いました。作家のこれまでの活動や公開制作のふりかえり、現在取り組んでいるプロジェクトなどのお話がありました。床面のマスキングプラントの調整なども行いました。

11月27日(土曜日)・28日(日曜日)

公開制作最後の週末を迎えました。ロビーに伸びたマスキングプラントが成長を続けます。子どもたちも一緒にマスキングテープを床や壁に貼っていきます。最後にテープをみんなではがして終わりました。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.