このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 公開制作の中の 公開制作関連情報の中の 大小島真木公開制作プロセス のページです。
本文ここから

大小島真木公開制作プロセス

更新日:2018年2月19日

公開制作72大小島真木「万物の眠り、大地の血管」の制作プロセスをご紹介します。

11月3日(金曜日・祝日)

壁面にはケント紙を貼り、床には白く塗装したシナベニヤを敷き詰めて、真っ白な空間を準備しました。床面に小さな作品や物を星座のようにおいていきます。その一つから、鉛筆や水彩絵の具を使って描き始めました。

11月5日(日曜日)

絵が広がり始めました。色鉛筆や水彩絵の具を使って、描き込んでいきます。お客さんがときどきのぞきます。

11月10日(金曜日)

空間全体に下書きのような線が広がってきました。巨人のような肋骨が見えています。色鉛筆や水彩絵の具に加えて、スプレーも使います。

11月12日(日曜日)

背骨と肋骨から腕の骨格が伸びてきました。巨人が横たわっているように見えます。お客さんも近づいて作品をのぞき込んだりしています。

11月19日(日曜日)

人体の胸骨・肋骨がはっきり見えてきました。床面の描き込みも広がっています。お客さんも興味深くのぞいています。

11月26日(日曜日)

床の描き込みが広がってきました。途中で子どもが中に入って石を動かしたりします。稲穂の束を持参しました。

12月3日(日曜日)

描き込みが続きます。絵の中に置かれた石なども増えています。奥の壁面にも手が入ります。子どもたちも遊びに来ました。

12月9日(土曜日)

床面に絵の具を使って絵が広がっていきます。子どもたちもたくさんのぞいていきます。ボランティアスタッフの説明会もありました。

12月10日(日曜日)

ワークショップ「育つドローイング Growing drawing」に幅広い方が参加しました。レクチャーのあと公園へスケッチに行き、創作室では画用紙に大小島さんの動物の絵や写真などをコラージュして作品を作りました。

12月17日(日曜日)

奥の壁面などに手を入れていきます。高い部分も脚立を使って描き加えます。ボランティアへの説明もありました。

1月13日(土曜日)

空間全体の描き込みが進みます。いよいよ追い込みです。来場者も多く会話もはずみます。

1月14日(日曜日)

完成目前です。子どもたちが中に入って遊んだり、お客さんが多く訪れます。

1月27日(土曜日)

最後の制作を行い、完成しました。人間の姿がよりはっきり浮かび上がってきました。自然からできている人類を暗示しているようです。

2月18日(日曜日)

アーティストトーク「絵の進化は、螺旋(らせん)の如く」を開催しました。大小島さんは、今回の公開制作の意図、これまでの歩みを作品の画像や動画とともに語ります。最後に図書室で展示中のアーティストブック『ウオルド』を読み聞かせしました。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.