このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
本文ここから

豊嶋 康子

更新日:2013年9月7日

豊嶋 康子(とよしま やすこ) コンセプチュアリズム

芸術との接点が見い出しにくいと思われる、生命保険や株式投資、臓器提供などの「社会システム」から、人間の行為や知覚まで、幅広い題材を取りあげる、豊嶋 康子。その作品は、日常を支配している「きまりごと」への懐疑をユーモラスに表現してきました。「創造」とは「復元」であり「捏造」であると称する作品「復元」では、偶然拾った茶碗の「かけら」や煎餅の「破片」から、こうであったかもしれない元の形を形成。「ミニ投資」では、実際に証券を購入し個人の所有物として永久に凍結してしまう。豊嶋の作品は、私たちが無意識のうちにとらわれている仕組みや価値観、思考のあり方を問い、気づかせてくれます。

展示

上記の「復元」「ミニ投資」、生命保険が素材の「生涯設計」。臓器提供意思表示カードが素材の「あらかじめ定める」、色の認識性などを問う「色調補正」のほか、「幅広輪郭の色相環」「耐久試験」を展示。作品は個々に成立していますが、今回は7作でひとつの脈絡を示すように展示します。

略歴

1967年

埼玉県生まれ(39歳)、埼玉県在住

1990年

個展 田村画廊、東京Art Today ’90 複製技術時代の芸術復興」高輪美術館(セゾン現代美術館)、長野

1993年

東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修士課程修了

1996年

個展「実験展・3」M画廊、栃木

1997年

「クリテリオム25 ミニ投資」水戸芸術館現代美術センター、茨城 

1998年

Origination(Artist in Residence Program), The Gallery, Gueensey, Channel Islands, GB

1999年

個展「MATTER’S」Gallery360°、東京

2002年

「傾く小屋ー美術家たちの証言 since 9.11」東京都現代美術館、東京

2003年

「She_story_loop(An Seebach とコラボレーション)、京都ドイツ文化センター、京都

2004年

個展「作品解説」CAS、大阪

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

このページを見ている人はこんなページも見ています

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.