このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 開催中・開催予定の企画展


サイトメニューここまで
本文ここから

開催中・開催予定の企画展

現在の展示

メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年

府中市美術館の公開制作プログラムは、全国的にみてもユニークな取り組みで、館内常設の制作室に美術家が通い、作品を作るプロセスを公開します。ここでは訪れた人々とのさまざまな交流が、そして数多くの作品が、生まれてきました。
開館20年の節目に開催する本展は、79組約100名の美術家たちの公開制作の記録と記憶、作品を再集結させるものです。会期中はトークや公開制作を行い、作品をつくる人と見る人がさまざまに交わって、展覧会を変化させていきます。
コロナ禍が続き、日常の行動様式のみならず、世界に対する私たちの態度にも変容が迫られています。そのようななかで、つくることに真剣に取り組む美術家たちの姿は、私たちに大きな励ましを届けてくれるにちがいありません。
この20年間に公開制作された作品は、21世紀頭の20年の美術表現そのものです。公開制作プログラムを振り返りながら、私たちの時代の美術をともに見てみませんか。

2020年12月5日(土曜日)から2021年2月28日(日曜日)まで

午前10時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

一般観覧料700円 、高・大生350円、小・中学生150円

これからの展示

与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家
江戸時代中期の俳人、与謝蕪村は、画家としても人気がありました。蕪村の画家としての生涯を振り返ると、中国風の絵にせよ、飄々とした俳画にせよ、そこには一貫して「ぎこちなさ」へのこだわりが見られます。蕪村の絵の「味わい」とされるものは、どのようにして成り立ったのか、この言葉をキーワードに探る展覧会です。

2021年3月13日(土曜日)から5月9日(日曜日)まで

午前10時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

一般観覧料700円 、高・大生350円、小・中学生150円

本文ここまで