このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. 開催中・開催予定の企画展


サイトメニューここまで
本文ここから

開催中・開催予定の企画展

現在の展示

開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり

2021年9月18日(土曜日)から11月28日(日曜日)まで
前期:9月18日(土曜日)から10月24日(日曜日)まで
後期:10月26日(火曜日)から11月28日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

一般1000円(800円)、高校・大学生500円(400円)、小・中学生200円(160円)

注記:お支払いは現金のみとなります。

注記:10月5日から10日は市民文化の日 無料観覧日です。当日は混雑が予想されます。混雑時には入場制限を行いますので、あらかじめご了承ください。

注記:()内は20名以上の団体料金。注記:前売り券は、6月1日から9月17日まで府中市美術館、セブン‐イレブン、ローソン、ミニストップで販売します。

注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。

注記:常設展もご覧いただけます。

注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。

注記:2度目は半額!観覧券をお求めいただくと、2度目は半額になる割引券が付いています(本展1回限り有効)。
注記:Loppiで購入された鑑賞券については、券面裏面に記載のとおり、お取扱いします。

これからの展示

池内晶子 あるいは、地のちからをあつめて

池内晶子(1967年生まれ)は、絹糸をつないで帯や紡錘状のかたちにはりめぐらせ、周囲の空気を含んだ彫刻のような、空間に描いた絵画のような作品をつくってきました。絹糸は人の気配や吐息に敏感に反応して伸縮し、光を抱えて淡く放ちます。
繊細な素材との対話が、空間を大胆に変容させる、その刹那にどうぞお立ち合いください。
*作品画像
撮影:椎木静寧 協力:gallery 21yo-j

2021年12月18日(土曜日)から2022年2月27日(日曜日)まで

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

一般700円(560円)、高校・大学生350円(280円)、小・中学生150円(120円)

注記:お支払いは現金のみとなります。
注記:()内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。

本文ここまで