このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 防犯・防災
  • 文化・スポーツ・生涯学習
  • 施設案内
  • 行政情報
本文ここから

生ごみの水切りに取り組みましょう

更新日:2022年6月20日

 令和3年度市のごみ・資源物の約60,049トンのうち、燃やすごみは約38,936トンあり、60%以上と多くの割合を占めており、市民1人1日当たりの排出量は約409.5gです。市では第7次総合計画で令和7年までに市民1人当たりの燃やすごみを359.8gまで減量することを掲げています。つまり、目標達成まで49.7g減量する必要があります。

生ごみをギュッとしぼってごみ減量!

 調査結果から、燃やすごみの内の約3~4割は生ごみです。多くの水分が含まれている生ごみの水切りは、ごみの量を減らす有効な取組みです。
 市では、生ごみの「水切り」を行う前と後のごみの測量の調査(水切りモニタリング)を行いました。
 1日で出た生ごみを水切りをする前の重さを量った後、水切りネットを使用し、再度重さを量った結果を表1にまとめました。
 燃やすごみの処理にあたって1kgあたり、約54円の経費がかかっております(令和2年度)。水切りを毎日行えば、1年間で1世帯あたり約670円の処理経費を節減することができ、仮に全家庭が最後のひとしぼりを行っていないとすると、市全体の12万7,754世帯(令和4年3月1日現在)が行えば約8,600万円の処理経費を節減することが出来ます。
 生ごみの水切りを行うとごみの減量だけでなく、臭いの発生を抑えることや虫が湧きにくくなるなどのメリットがあります。
 ぜひ皆さんも生ごみの水切りにご協力ください。


生ごみの「水切り」を行う前と後のごみの測量の調査(水切りモニタリング)結果
  総量(136世帯から出た10日分の生ごみの量)                     1世帯あたり1日あたり          

生ごみ量       

499kg 366.9g
減少量 46.3g 34g
減少率 9.3% 9.3%

生ごみの水切りのやり方


1.台所の三角コーナーや排水溝に水切りネットを設置し、生ごみを入れます。


2.捨てる前に水切りネットを使って、水を切ってください。        

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは生活環境部 資源循環推進課が担当しています。

本文ここまで

このページのトップに戻る

以下フッターです。

府中市役所

〒183-8703 東京都府中市宮西町2丁目24番地
電話:042-364-4111(代表) e-mail:fsmail@city.fuchu.tokyo.jp

市役所へのアクセス

フッターここまでこのページのトップに戻る
Copyright © Fuchu City. All Rights Reserved.