このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 公開制作
  4. 府中市美術館の公開制作について
  5. 公開制作


サイトメニューここまで
本文ここから

公開制作

更新日:2020年8月27日

現在の公開制作

公開制作78 児玉幸子

会期:2020年4月25日(土曜日)から2020年9月6日(日曜日)

コンピュータープログラミングを基礎に、動くオブジェを作るメディア・アーティストが、インタラクティブな制作を披露します。

これからの公開制作

公開制作79 三沢厚彦

2020年9月18日(土曜日)から11月23日(月曜日・祝日)

木彫という伝統技術をベースに、時にユーモラスで、ゆるぎない存在感をもつ動物像を作り、精力的に作品を発表し続ける彫刻家、三沢厚彦さん。今回の公開制作は三沢さんがホストとなって材料や画材をすべて準備し、そこに三沢さんが尊敬し、共感する現代作家をゲストとしてを迎えて、ともに作品をつくっていきます。(11月8日以降は完成品の展示がご覧いただけます。)

写真提供:三沢厚彦、西村画廊 撮影:大沼ショージ

これまでの公開制作

公開制作77 高嶋英男

会期:2019年12月14日(土曜日)から2020年3月1日(日曜日)

描くように平らな面をつなげて、しまいに等身大の人物をかたちづくる彫刻家。率直な問いを出発点に、実直にものづくりに取り組む姿を紹介します。

これまでの公開制作

公開制作76 山口啓介

会期:2019年7月20日(土曜日)から12月1日(日曜日)

変容する生命や植物にまつわるイメージを通して、想像力ゆたかに人間の歴史と未来をみつめる作品を発表してきた作家が、府中であらたな物語をつむぎます。

これまでの公開制作

新規ウインドウで開きます。公開制作75 原田郁

会期:2019年4月13日(土曜日)から7月7日(日曜日)

3Dソフトを用いて作ったコンピューターの中の仮想空間と、絵画という現実空間を行き来する画家。10年かけて成長してきた世界との関わりを描きます。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.