このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. イベント・アートスタジオ
  4. 府中市美術館のアートスタジオについて
  5. オンラインプログラム
  6. トントントン♪自然をつかって染めてみよう!


サイトメニューここまで
本文ここから

トントントン♪自然をつかって染めてみよう!

更新日:2020年8月7日

「アートスタジオ☆WEB」は、家庭や学校など美術館外でも楽しめる、オンラインによるワークショップ・プログラムです。このページのほか、動画、ダウンロード資料を参考に、ぜひ自分でも試してみましょう。

講師 渡辺 望 (わたなべ のぞみ)

こんにちは、美術家の渡辺望です。
私は身の回りの景色やものを、「星空」や「宇宙」に見立てた作品を発表しています。
私たちが何気なく目にしている、小さな葉っぱ一枚の中にも、もしかしたら宇宙がひそんでいるかもしれません。
「染め」の技法を通して、自然といつもと違った出会いを一緒にしてみませんか?
小さな宇宙さがしの旅へ、一緒に出かけましょう!

トントントン♪ 自然をつかって染めてみよう!

対象

4歳(保護者同伴)~

所要時間

30分

内容

草花をたたいて染める「たたき染め」の技法をつかって布を染める。

材料・道具

  • 植物(葉、花) 適量

  • 布(木綿や絹製のガーゼ、トートバッグ、T シャツなど) 1

  • クリアファイル 1

  • 紙(コピー用紙、新聞紙、広告など) 1

  • ティッシュ 適宜

  • 木づち/ゴムハンマー(スプーンなどでも代用可) 1

  • 水をためるもの(洗面器、バケツなど) 1

  • お酢 適量

  • ぬるま湯 適量

画像 材料・道具

つくりかた

1. 布の上に採集した葉や花をならべる。

・葉は表側に、花は余分な萼や茎を取り除き裏側になるように置く。
・バランスやデザインを考えながらならべよう。

(3分)


2. 植物をのせた布の下に紙を敷き、クリアファイルではさむ。

(1分)

3. クリアファイルの上から木づちで植物を一枚ずつ丁寧に叩いていく。

・手を叩かないように十分に注意し、満遍なく均一に叩く。
(1分)

4. 布を回転させながら全ての植物を叩く。

・クリアファイルに植物の汁がついてしまったら、ティッシュで拭き取ってから次の植物を叩く。
(5分)

(応用:こすり染め)

・大きな音はちょっと‥というご家庭にはこすり染めがオススメ!
・木づちで叩く代わりに、スプーンなどを使ってこすってみよう!

5. 色止めをする。

・洗面器に布が浸かる程度のぬるま湯をはり、お酢を約20cc(大さじ1 と1/3)入れる。
・布を15 分ほど浸す。
(20分)

6. よく水洗いをし、乾燥させたら・・・完成!

画像 完成!

作品の投稿・問合せ先

できあがった作品の画像にタイトルなどの文字(キャプション)をそえて電子メールでお送りいただくと、「アートスタジオ☆WEB」ギャラリーで紹介します。なお、掲載の可否、方法、期間については、当館にお任せください(氏名など個人が特定できる情報は掲載しません)。
府中市美術館 教育普及担当
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地
電話:042‐336‐3371 ファックス:042‐336-4856
e-mail:bijyutu02@city.fuchu.tokyo.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.