このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. イベント・アートスタジオ
  4. 府中市美術館のアートスタジオについて
  5. オンラインプログラム
  6. 馬を描こう!馬の生命感を表現する


サイトメニューここまで
本文ここから

馬を描こう!馬の生命感を表現する

更新日:2022年1月12日

「アートスタジオ☆WEB」は、家庭や学校など美術館外でも楽しめる、オンラインによるワークショップ・プログラムです。
このページのほか、動画、ダウンロード資料を参考に、ぜひ自分でも試してみましょう。
本プログラムには基礎編もあります。ご参照ください。
新規ウインドウで開きます。http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/event_artstudio/katudo/online/yamauchi1.html

講師 山内 若菜(やまうち わかな)

 こんにちは、絵描きの山内若菜です。私は、命は不定型でかけがえのないものと考え、死を生に反転させるような絵を描いています。
 府中市といえば、馬とゆかりの深い土地ですね。私も、実際に牧場でドローイングを書いていくうちに、馬の神秘的な美しさに惹かれました。今日は馬の描き方を、皆さんにご紹介いたします。

馬を描こう!馬の生命感を表現する

対象

中学生~

所要時間

30分~

内容

生き生きとした馬の生命感を描く。

    材料・道具

    • 画用紙 1枚
    • 水彩色鉛筆(黒色、鉛筆2Bでも代用可) 1本
    • 水筆ペン 1本
    • 絵の具一式(水彩絵具、水入れ) 1セット
    • アクリル絵の具(白色) 1本
    • ぬれティッシュ 適量
    • 紙やすり 1枚
    • ペン 適量

    馬の生命感を描く

    1.水彩色鉛筆で描く

    • お腹、腰、胸、首を意識しながら。
    • ぬれティッシュも使う。

    2.水筆ペンで描く

    • 黒色で輪郭線や影を描いていく。

    3.水彩絵具で背景を描く

    • 境界など場所によっては、画用紙に筆で水を塗る。

    4.紙やすりで反射光を描く

    • 削り取ったところから下地が出て、裂け目から光が入るような表現に。

    5.馬に色をつけていく

    • 馬の視線の向きに合わせたり、筆を乾燥させたり、色々なタッチを探ってみてください。

    6.細かい部分も描き込む

    • 白いペンや水筆ペンなどを使う。

    7.明度の調節をする

    • 薄目で見ると、明度がわかりやすい。

    完成!

    テーマは、“傷つきながらも立ち上がっていく生命感”。
    赤は生命力。
    抑揚のある輪郭線は、馬のたくましさ。
    大胆な斜めの構図は、飛び上がるような躍動感を生み出しています。

    私は、馬を描いていると元気が出ます。
    皆さんも、そんな体験をしてみませんか。

    作品の投稿・問合せ先

    できあがった作品の画像にタイトルなどの文字(キャプション)をそえて電子メールでお送りいただくと、「アートスタジオ☆WEB」ギャラリーで紹介します。なお、掲載の可否、方法、期間については、当館にお任せください(氏名など個人が特定できる情報は掲載しません)。
    府中市美術館 教育普及担当
    〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地
    電話:042-336-3371 ファックス:042-336-4856
    e-mail: bijyutu02@city.fuchu.tokyo.jp

    PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
    お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
    Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

    お問合せ

    このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

    本文ここまで
    以下フッターです
    Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.