このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 企画展の中の 企画展一覧の中の アートサイト府中2010 いきるちから のページです。
本文ここから

アートサイト府中2010 いきるちから

更新日:2010年11月12日

画像 アートサイト府中2010 いきるちから バナー

開館10周年を迎えた府中市美術館が、未来に向けて放つ展覧会です。本展では「生きていること」の素晴らしさに気づかせてくれる3人の作家を紹介します。日本では、厳しい経済状況が続くなか、生活の現状や将来に多くの人々が不安を抱き、若者のあいだにも「生きづらさ」を訴える声もよく聞かれます。また私たちの生きる場としての地域の変容も問題になっています。
人が生きる真の姿とはどのようなものでしょうか。ときに滑稽であり、残酷であるかもしれません。しかし、そのありのままの姿こそ美しく、かけがえのないものともいえるのではないでしょうか。人が生きる根源の姿を見つめ、生命の輝きを伝える作品たちから、生きることの勇気をもらうことでしょう。
これまでの美術館の活動の関わりから選ばれた作家たちの作品が、美術館を飛び出します。会期中、館内で関連プログラムを行うとともに、まちなかでのサテライト展示やスタンプラリーも行います。美術館で作品にひたるもよし、街を歩いてリフレッシュするもよし、イベントで人々とふれあうもよし。美術館と街、人をつなぎ、生きる原点を見つめ直すプロジェクトです。

出品作家

大巻 伸嗣(おおまき しんじ)

流転する生命の身体感覚を呼びさますインスタレーション

木下 晋(きのした すすむ)

劇的な人生の肖像を克明に鉛筆で描きだす絵画

菱山 裕子(ひしやま ゆうこ)

日々の生活から飛びだした人物たちが舞う立体

会期・時間

2010年12月2日(木曜日)から2011年3月6日(日曜日)
午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(1月10日をのぞく)、12月24日(金曜日)、1月11日(火曜日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)

観覧料

一般600円、高校・大学生300円、小・中学生150円
注記:20人以上の団体料金は、一般480円、高校・大学生240円、小・中学生120円
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は(かたは)無料
注記:市内の小・中学生は「学びのパスポート」で無料

主催・協力

主催

府中市美術館

協力

金沢美術工芸大学、武蔵野美術大学、専門店街フォーリス、NPO法人アートプロジェクトTAMA

館内イベント

  • アーティストトーク
  • ワークショップ「鉛筆画をいかす―木下晋さんと描く」
  • クリスマス・ワークショップ「Happy Ball Tree Christmas」
  • クリスマス・ミュージアムライブ いちむじん
  • 講座「生きづらい時代の切り札としてのアート」
  • セルフガイド

まちなかイベント

  • 菱山裕子(ひしやま ゆうこ)・サテライト展示
  • いきるちからスタンプラリー
  • 大巻伸嗣(おおまきしんじ)《Memorial Rebirth》

アートサイト・サポーター募集

アーティストやスタッフといっしょにアートサイト府中を盛り上げてくれるアートサイト・サポーターを募集します。

その他

館内イベント、まちなかイベント、アートサイト・サポーター募集などの詳細は、「アートサイト府中2010 いきるちから」関連情報のページをご覧ください。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

画像 大巻伸嗣「絶・景」2009 TWS Shibuya Photo by Shigeo Muto
大巻伸嗣「絶・景」2009 TWS Shibuya Photo by Shigeo Muto

画像 木下晋「103年の闘争3」2003
木下晋「103年の闘争3」2003

画像 菱山裕子「いない・いない・ばぁ」1996
菱山裕子「いない・いない・ばぁ」1996

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.