このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 公開制作
  4. 公開制作関連情報
  5. 山口啓介公開制作プロセス


サイトメニューここまで
本文ここから

山口啓介公開制作プロセス

更新日:2020年1月8日

公開制作76 山口啓介「メタモルフォセス」の制作プロセスをご紹介します。

7月19日(金曜日)

画材や道具の搬入を終え、床面に大きな紙を敷いて白い塗料を一面に塗布しました。いよいよ制作が始まります。

7月20日(土曜日)

画面の左側からアクリル絵の具をヘラで塗りつけていきます。

7月21日(日曜日)

画面の左側にも絵の具が塗られ始めました。画面全体が絵の具で覆われていきます。

7月23日(火曜日)

背景らしき絵の具の広がりが鮮やかで観客の視線を引きます。

7月24日(水曜日)

画面の左側に、4つの峰のある山の形が描かれました。水面に浮かぶ島のようです。

7月25日(木曜日)

着々と制作が進行していきます。夏のためか青い色が、涼しげでさわやかに感じられます。

11月9日(土曜日)・10日(日曜日)

絵の中に入って左側の白い島のような形を中心に描きこみを進めます。

11月13日(水曜日)

緻密に筆を入れ、全体の描きこみも進みます。画面の密度が高まってきます。

11月14日(木曜日)

左側の島のような形を描き終え、ふたたび別の形の新たな下書きに取り組みます。

11月15日(金曜日)

画面の右側に、左側と似た島か船のような白い形を描き始めました。

11月16日(土曜日)

作品の右側にも白い対象物があらわれ、画面のイメージに動きが出てきました。

11月17日(日曜日)

右側の白いモチーフを中心に描きこみを続けます。作品全体が引き締まって感じられます。

11月21日(木曜日)

右側のモチーフを描きこみ、全体を調整して、作品が完成しました。

11月23日(土曜日・祝日)

ワークショップ「カセットプラントをつくろう」を行いました。創作室でカセットケースに乾燥した花や葉を入れ、ロビーのガラス面に展示しました。

ワークショップ終了後、床から完成作品をはがし、スタッフとともに奥の壁面に展示しました。上端を水貼りテープで補強してあります。

11月24日(日曜日)

アーティストトーク「メタモルフォセス」を開催しました。講座室でスライドを交えながら作品のコンセプトについて語りました。

11月25日(月曜日)

公開制作作家の学校派遣で府中市立府中第七小学校におもむき、4年生を対象に図工科授業「カセットプラントをつくろう」を行いました。

11月28日(木曜日)

引き続き、府中第七小学校で「カセットプラントをつくろう」を行いました。みんなの感性が集まり、大きな作品が完成しました。作品は約1週間ほど展示しました。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.