このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで

現在のページ

  1. 府中市美術館
  2. 公開制作
  3. 公開制作関連情報
  4. 原田郁公開制作プロセス
本文ここから

原田郁公開制作プロセス

更新日:2019年5月25日

5月25日

展示替え休館をはさんで、公開制作が再スタートしました。
新しい企画展、常設展も始まりました。
実は休館中に制作は少し進みました。床など、色を塗った部分が増えています。

公開制作再開時の作品の様子

色を調合して塗り、乾いたらテープをはがし、また別の場所にテープを貼って、色を混ぜて、、、という作業を繰り返していきます。

5月10日

告知した日ではありませんが、原田さんが美術館にやってきて、制作を始めました。
パソコンの下図を見ながら、絵の具を配合します。
マスキングテープで囲った部分を手早く塗っていきます。

美術鑑賞教室の小学生たちが、訪ねてくれました。

美術鑑賞教室の小学生たち

5月6日

大型連休最終日、パソコンで作った風景をプロジェクターでキャンバスに投影し、輪郭を鉛筆で写していきます。

下描きを終えると、輪郭線に沿ってマスキングテープを貼っていきます。隣り合う色が混ざらないようにするためです。
白いキャンバスの上に黄色いテープが貼られて、図像が少し見えてきました。

4月28日

超大型連休中の制作です。
原田さんはパソコンの中に公開制作室を作り、実際の作業の進行に合わせて、内容を更新しています。現実と仮想現実がつながりながら、絵が描かれていきます。
下地を塗ったキャンバスを壁にかけ、パソコン画面をプロジェクターで投影しています。

4月21日

公開制作3日目。前回作った150号のキャンバスに下地を塗りました。

4月13日、14日

原田郁さんの公開制作が始まりました。
大きなモニターを新しく作った壁に設置。まわりを旧作が囲みます。まずは原田さんの世界をご紹介。

150号サイズの木枠を組み、キャンバスを張っていきます。ここに新しい絵を描いていきます。

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.