このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 公開制作
  4. これまでの公開制作
  5. 公開制作74 冨長敦也「Love Stone Project - Fuchu」


サイトメニューここまで
本文ここから

公開制作74 冨長敦也「Love Stone Project - Fuchu」

更新日:2018年7月28日

公開制作74 冨長敦也「Love Stone Project - Fuchu」

画像 Live Stone Main Image

  「Love Stone Project(ラヴ・ストーン・プロジェクト)」は、日本と世界の各地を旅して、ハート形に彫刻した石を、その土地で出会う人々と一緒に磨き、みんなの想いで輝かせるプロジェクトです。
 彫刻家の冨長敦也は、2011年の東日本大震災のあと、出来事のすべてを見ていた石の声を聞くために、被災した東北の町を訪れました。そこで、石を割ったときに偶然生まれた自然のハートを発見し、人々が石を通じて自然の一部であることを感じれば、世界は一つになれることを確信したといいます。それ以来、人々とともに冨長はハート形の石を磨く活動を始めました。
 2013年には、イタリア・イラン・旧ユーゴスラビアの石(トラバーチン)による《Our Love》が、第25回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)で大賞を受賞、本格的に各地で取り組むきっかけとなりました。これまでにプロジェクトは、世界150か所で行われ、およそ2万人が参加しています。作家による制作を見るだけではなく、観客も一緒に触れて制作に参加することのできる公開制作です。

企画概要

会期

2018年7月21日(土曜日)から9月2日(日曜日)

休館日

月曜日

開館時間

午前10時から午後5時

場所

公開制作室(観覧無料)

主催等

主催:府中市美術館 協力:一穂堂

制作公開

7月21日(土曜日)・22日(日曜日)・28日(土曜日)・29日(日曜日)、8月10日(金曜日)・11日(土曜日・祝日)・12日(日曜日)・14日(火曜日)・15日(水曜日)・31日(金曜日)、9月1日(土曜日)・2日(日曜日)
午前10時から午後5時
注記1:制作公開日には、だれでも作家と一緒に世界の石を磨くことができます。
注記2:毎週土・日曜日13:00~17:00は、当館普及員のガイドで磨きます。

キックオフイベント「府中から世界に届け!石のたね」

日時

7月21日(土曜日)午後2時から4時(時間内いつでも参加可)

場所

公開制作室

費用

無料

内容

世界各地でLove Stone Projectの参加者に配る「石のたね」を作る。

参加方法

当日直接会場へ

アーティストトーク「アートと人と社会をつなぐ」

日時

9月2日(日曜日)午後2時から

場所

講座室

費用

無料

内容

Love Stone Projectを中心に、アート・社会・人をつなぐプロジェクトの可能性を探る。

出演

冨長敦也(公開制作作家)、三浦梨絵(ときわミュージアム/UBEビエンナーレ事務局学芸員)、武居利史(当館学芸員)

参加方法

当日直接会場へ

冨長敦也(とみなが・あつや)

1961年、大阪市生まれ。1986年、金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科修了。能勢黒御影石石切場(大阪府豊能郡)にて制作を始める。1988年、大阪中之島緑道彫刻公募にて受賞。1990年、第3回三田彫刻コンペティションにて特別賞受賞(兵庫)。1997年、(財)ポーラ美術振興財団在外研修助成を受け、イタリアにて滞在・制作。国内外において原始的な手法で石を彫る制作を行う。1998年、神戸学院大学創立30周年記念モニュメントコンクールにて一位指名。2008年・2012年、Ippodo New Yorkにて個展。2013年、第25回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)にて大賞受賞、LongHouse Reserveに作品収蔵。以後、世界各地で「Love Stone Project」を行う。2015年、ときわミュージアムにて個展。2017年、豊中市立文化芸術センターにて個展。

関連情報

公開制作プロセスの様子を見ることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

これまでの公開制作

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
このページのトップに戻る
本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.