このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. 府中市美術館
  3. 展覧会
  4. これまでの企画展
  5. 春の江戸絵画まつり  ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります ー 京の絵画と敦賀コレクション


サイトメニューここまで
本文ここから

春の江戸絵画まつり  ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります ー 京の絵画と敦賀コレクション

更新日:2022年4月23日

円山応挙作品
円山応挙 《狗子図》 安永7年(1778年) 敦賀市立博物館

敦賀市立博物館の江戸絵画の一部は、当館の「春の江戸絵画まつり」でもたびたびご覧いただいてきました。一体どんなコレクションなのか、興味を持つ方もいらっしゃることでしょう。そこで、その全貌をご覧いただくことにしました。やまと絵や円山四条派など、ひたすら美を追求した画家たちの作品によって、ひたすら美しい「非奇想」の世界に浸っていただきます。
*2020年に新型コロナウイルス感染症の影響により途中閉幕となった展覧会を再度開催いたします。

展覧会概要

会期

2022年3月12日(土曜日)から5月8日(日曜日)まで
前期:3月12日(土曜日)~4月10日(日曜日)
後期:4月12日(火曜日)~5月8日(日曜日)

休館日

月曜日(3月21日、5月2日は開館)、3月22日(火曜日)

開館時間

午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

観覧料

一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280円)、小学生・中学生150円(120円)
注記:()内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。
2度目は半額!
観覧券をお求めいただくと、2度目は半額になる割引券がついています(本展1回限り有効)。

主催

府中市美術館

特別協力

敦賀市立博物館

鑑賞教室などのお知らせ

下記日程に、小学生の団体鑑賞が予定されています。
なにとぞご理解、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
<時間帯>
午前: 10時から12時頃 午後: 1時から3時頃
<日程>
5月6日(金曜日)午前・午後

イベント情報

講座+対談イベント 「ふつうの系譜」の歴史と魅力

日時:2022年4月10日[日] 午後2時
会場:府中市生涯学習センター講堂 / 無料 / 予約不要
◇講座 「ふつうの系譜」の画家たちと敦賀 加藤敦子(敦賀市立博物館学芸員) 30分
◇講座 「ふつうの美」の輝き 金子信久(府中市美術館学芸員) 30分
◇対談 語って楽しむ「ふつうの系譜」 30分
上記の二人が、展覧会の魅力や「ふつうの系譜」について語り合います。


随時 子ども向けイベント「ふつう探検隊!」

会期中随時
展覧会を見ながら「探検隊ワークシート」のクイズに挑戦。
観覧料が必要ですが、府中市内の小中学生は、「府中っこ学びのパスポート」で入場できます。
年齢制限はありませんので、大人の方の参加もお待ちしております。

エントランス展示 新田義貞の光と影

「ふつうの系譜」展では、敦賀市立博物館の協力により、同館の所蔵品95点を展示します。この展覧会に合わせ、敦賀市と府中市の間にある歴史上のつながりを紹介します。

エントランス展示 新田義貞はこちらから

   
 エントランス展示
 「新田義貞の光と影」はこちらから

ふつうの系譜 展覧会チラシ

展示予定表

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

本文ここまで
以下フッターです
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.