このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
府中市美術館 Fuchu Art Museum
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここから

府中市トップページへ


サイトメニューここまで
現在のページ 府中市美術館の中の 企画展の中の 企画展一覧の中の ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅 のページです。
本文ここから

ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅

更新日:2012年7月26日

画像 ぎょうれつ
《行列》 1963年 ポール・デルヴォー財団蔵

 ポール・デルヴォー(1897-1994)は、ベルギーのシュルレアリスム絵画を代表する画家です。現実を超えた世界を描くシュルレアリスムの画家のなかでも、とりわけ幻想的な作風で知られます。古代神殿(こだいしんでん)の立ち並ぶ風景を電車が走り、うつろな瞳の女性たちがさまよう、静かでどこか冷たい世界。しかし、夢の世界と現実とが一続きになっているような不思議な空間に、見る人は思わず引き込まれます。
 デルヴォーの作品には、電車、神殿、ランプ、骸骨(がいこつ)、女性など同じモティーフが、くり返し描かれます。それは、例えば、駅長になるという夢を持つほど電車好きだった幼い頃、あるいは、教室で骨格標本(こっかくひょうほん)を見て衝撃を受けたという少年時代の思い出など、画家の個人的な体験や日常生活に結びついています。デルヴォーは、身の回りのありふれた物を糸口にして、超現実世界へとつながる扉を開こうとしたのです。
 この度の展覧会では、シュルレアリスム時代の代表作をはじめ、これまでほとんど紹介されることのなかった最初期の油彩画やデッサン、制作に用いたモティーフも紹介し、画家の創作の原点を探ります。日本ではおよそ10年ぶりの回顧展となります。出品作、約80点のうちおよそ半数以上が日本初公開の作品です

会期・開館時間

会期:平成24年9月12日(水曜日)から11月11日(日曜日)
開館時間:午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)

休館日

月曜日(9月17日、10月8日をのぞく)、9月18日(火曜日)、10月9日(火曜日)

観覧料

一般900円、高校生・大学生450円、小学生・中学生200円
注記:20人以上の団体料金は、一般720円、高校・大学生360円、小・中学生160円
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は(かたは)無料です。
注記:市内の小・中学生は「学びのパスポート」で無料です。
注記:常設展もご覧いただけます。

主催など

主催:府中市美術館
後援:ベルギー大使館
協力:エールフランス航空、KLMオランダ航空
特別協力:ポール・デルヴォー美術館
企画協力:株式会社ブレーントラスト

20分スライドレクチャー

  • 9月16日(日曜日)、9月22日(土曜日)、9月30日(日曜日)、10月6日(土曜日)、10月14日(日曜日)、10月20日(土曜日)、10月28日(日曜日)、11月3日(土曜日)、11月11日(日曜日)
  • 午後2時と3時の2回(内容は同じです)
  • 会場:講座室
  • 費用:無料

展覧会講座

いずれも午後2時、講座室、無料、予約不要

第1回

  • 日時:10月21日(日曜日)
  • 内容:デルヴォー前夜 ベルギー象徴主義絵画
  • 講師:井出洋一郎(当館(とうかん)館長)

第2回

  • 日時:11月4日(日曜日)
  • 内容:ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅
  • 講師:音ゆみ子(当館(とうかん)学芸員)

お問い合わせ

ハローダイヤル 電話:03-5777-8600

お問合せ

このページは文化スポーツ部 美術館が担当しています。

画像 もりのこみち
《森の小径》 1921年 ポール・デルヴォー財団蔵

画像 かいわ
《会話》 1944年 サイモン・コレクション(パトリック・デロム・ギャラリー)蔵

画像 よあけ
《夜明け》 1944年 個人蔵

画像 ろーのふじん
《ローの婦人》 1969年 ポール・デルヴォー財団蔵

画像 えぺそすのつどい2
《エペソスの集い2》 1973年 ポール・デルヴォー財団蔵

画像 よるのししゃ
《夜の使者》 1980年 ポール・デルヴォー財団蔵

本文ここまで
以下フッターです

ぱれたん

府中市美術館

〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内) 電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp
Copyright (c) Fuchu Art Museum. All rights reserved.